大阪女学院大学

社会人編入学試験(A)

社会人編入学試験概要

募集人員

国際・英語学部 国際・英語学科

一期 若干名(女性に限る)
二期 若干名(女性に限る)

出願資格

次の(1)から(7)のいずれかに該当し、なおかつ(8)、(9)、(10)を満たす者

  1. 学士の学位を有する者。
  2. 短期大学卒業者および2018年3月卒業見込みの者。
  3. 大学第2学年の課程を修了および2018年3月修了見込みで、62単位以上修得した者および2018年3月修得見込みの者。
  4. 高等専門学校卒業者および2018年3月卒業見込みの者。
  5. 専修学校の専門課程のうち、文部科学大臣の定める基準(修業年限2年以上でかつ、課程の修了に必要な総授業時間数が1700時間以上)を満たす課程を修了した者および2018年3月修了見込みの者。
  6. 外国において上記(1)(2)(3)(4)に相当する課程を修了した者、および2018年3月修了見込みの者。
  7. その他、上記と同等以上の学力があると認められる者。
  8. 出願時よりさかのぼって2ヶ年以内に受験したTOEFL®-iBTにおいて68点以上(ETS(Educational Testing Service)の認める誤差範囲内  63点以上68点未満を含む)、またはTOEIC®において675点以上(ETS(Educational Testing Service)の認める誤差範囲内  640点以上675点未満を含む)を取得している者。
  9. 2018年4月1日現在で満25歳以上の者
  10. 他の高等教育機関に在籍していない者
【外国の高等教育機関からの出願について】

2年制以上の高等教育機関(日本の短期大学に相当)および大学に在学中あるいは卒業(見込み)の者については、出願資格の有無を審査する必要があるので、出願期間の事前に、アドミッションセンター(TEL 06-6761-9369)に申し出てください。

出願期間及び入学試験日程

入試方式 出願期間 試験日 合格発表日
(結果通知発送日)
入学手続締切日
第一期 郵送
2017年10月24日(火)
〜11月7日(火)
窓口
11月7日(火)・8日(水)
11月12日(日) 11月17日(金) 一次:12月4日(月)
二次:2018年3月16日(金)
第二期 郵送
2018年2月6日(火)
〜2月16日(金)
窓口
2月16日(金)・17日(土)
2月21日(水) 2月23日(金) 一次:3月12日(月)
二次:3月23日(金)

郵送による出願は、消印有効です。
窓口出願の受付時間 午前10時~午後5時(但し、日曜・祝日を除く。)
出願場所:大阪女学院大学 アドミッションセンター
〒540-0004 大阪市中央区玉造2丁目26番54号 TEL. 06-6761-9369

入学試験の科目および方法

面  接:日本語による 20分

出願に際してのお願い

身体に障がいを有する志願者で入学試験の受験にあたって、本学があらかじめ準備をしなければならない希望事項がある場合には、それぞれの入学試験の2ヶ月前までに本学アドミッションセンターへお申し出くださるようお願いします。

出願方法

出願書類

1)入学試験願書A〜C、F票(本学所定用紙)
2)TOEFL®あるいはTOEIC®結果証明書
3)卒業証明書または卒業見込み証明書(出身大学、専修学校または高等専門学校が作成した卒業証明書または卒業見込みを証明する書類)
4)学業成績・単位修得証明書(出身大学、専修学校または高等専門学校が作成の上、厳封したもの)
5) 受験票返送用封筒(郵便番号、住所、氏名を記入し、362円分の切手を貼付してください。)
入学手続後の入学辞退における納付金の返還について
第二次手続締切日までに所定の用紙により入学辞退の申し出があった場合は、入学手続時納入分の授業料および施設設備費を返還します。

入学検定料

30,000円

学費

2018年度入学生納付金内訳 社会人編入学(A)

入学手続時 第一次 100,000円
第二次 525,000円
3年次 10月1日 525,000円
初年度納入金合計 1,150,000円
4年次 4月1日 525,000円
10月1日 525,000円
4年次納入金合計 1,050,000円

その他の費用/諸費(2年間):学友会費6,000円

※学費の納付は、一期(4月1日)と二期(10月1日)の二期分納です。
3年次一期は、編入学手続き時に設定しています。

入学辞退における納付金返還について

(1)入学金について
入学金は、事由のいかんに関わらず一切返還いたしませんので、あらかじめご了承願います。

(2)授業料について
2018年3月31日までに所定の用紙により入学辞退の申し出があった場合は、授業料を返還いたします。

編入学後の単位認定について(認定手続の詳細は、合格者に発送する書類に記載します。)

本学では、単位認定について、編入学前に履修した授業科目について修得した単位の認定をおこないます。
既修得単位の認定は、包括認定と個別認定の組み合わせにより75単位を上限とします。
包括認定とは、入学前に修得した授業科目と本学の授業科目の内容を特定しないで、一定の単位数を一括して認定する方法です。
個別認定とは、入学前に修得した授業科目と本学の授業科目の内容を検討したうえで、個別の授業科目毎に単位を認定する方法です。

合格した場合、単位認定に必要なため、講義内容が判明する講義要項等(受験番号・名前を明記)を提出していただきます(提出期日等、詳細は合格者発表時に指示します)。
既修得科目について、先の授業実施要綱を基に審査し、包括認定科目、個別認定科目および入学後に履修を要する授業科目を決定します。