大阪女学院大学国際・英語学部

世界の中の「わたし」として学ぶ

徹底した少人数制、「英語教育×専門教育」で高い専門性を養い、将来への確かな力をつける。一人ひとりの成長を願って、それぞれの英語習熟度や学びの展開に寄り添い、チャレンジを応援するカリキュラムです。

大阪女学院大学 国際・英語学部 国際・英語学科

○国際・英語専攻(コミュニケーションコース/国際協力コース/ビジネスコース)

○Women’s Global Leadership専攻

 (略称「海外留学WGL専攻」、「WGL専攻」)

 

○国際・英語専攻

自己への気づきを深める授業を通じて、世界との関わり方や進むべき進路を見つけ、英語運用力と考える力を同時に養成。

3年次からはコミュニケーションコース、国際協力コース、ビジネスコースに分かれて専門分野を英語で学びます。「コミュニケーション」「国際協力」「ビジネス」のいずれかの領域を主として他コースの科目を学ぶことも可能です。

専門的な仕事に結びつく高い英語運用力と実力を兼ね備えたプロフェッショナルをめざします。

 

○Women’s Global Leadership専攻

(略称「海外留学WGL専攻」、「WGL専攻」)

入学時の英語運用力がTOEIC500点以上程度の方を対象とし、3年次には海外協定大学への1年間または半期の留学(費用軽減制度あり)を原則とするのが特徴。英語で教養と専門分野を学び、世界でリーダーシップを発揮し社会に貢献できる女性をめざして資質や知性を磨く課程です。

1・2年次には専攻共通の英語科目に加えてWGL必修英語科目があり、また、専門科目では「コミュニケーション」「国際協力」 「ビジネス」の領域の科目に加えて、これらの領域を横断的に学ぶWGL専門科目があります。

国際型企業をはじめとしたあらゆるビジネス現場において高度な英語運用力を生かして活躍する能力や、卒業後すぐに海外の大学院に進学できる力を育成します。

h1-h4ol

 

★英語+中国語 または 英語+韓国語 〈専攻を問わず履修できます〉
成績基準を満たせば台湾や韓国へ中国語や韓国語によるセメスタ留学も可能に 

2018年度入学生から、英語と中国語の併修、英語と韓国語の併修プログラムがさらに充実。週4~5講時(90分×4~5回)・2年間の授業で密度濃く学習できます。3年次秋学期に協定大学にセメスタ留学(費用軽減制度あり)するチャンスもあります。